FC2ブログ
Home>チャイニーズハムスター(tag)  TotalPages5 next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mon2013.05.13

三年目の真実

穴から…
ひょいっと


朝とか写真を撮ってるひまがないので、数か月前の写真を掘ってます。
今にして思えば、先代のひじきさんは齧らないネズミでした。
夏場はプラケじゃなくケージだったけど、全く齧らなかったし。
(というか、たとえ入り口が開いていても無関心な事が多かった)
ほんっとーにペレットしか齧らなかったので、今はビックリの連続です。
ぺパ芯もお菓子&ティッシュ箱も比較的すぐに、第二の入り口ができるので。
箱を持ち上げると、箱の底の穴からおちりだけ落っこちてきたり(;´∀`)

三年もハムスターを飼ってても、知らない事だらけ~。
それでも、それぞれ違うところが可愛いなと思うのでした。


お気に召して頂けたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ハムスターブログ チャイニーズハムスターへ 


スポンサーサイト

Tag:チャイニーズハムスター

Sun2013.04.28

回し車に二人乗り

すごく暗くて見辛いですが、てんちゃとまっちゃんの二人乗り動画が撮れました。
でも息子のおしゃべりが入ってしまったので、BGM入ってます。
音楽流れます。ご注意ください。


Tag:チャイニーズハムスター

Mon2013.04.22

よくわからない警戒心

ねむ
超ねむい


てんちゃ&まっちゃの2匹はわりと無防備に屋根で寝ていたりする。
そして明るくてもけっこう長い間、屋根でぼ~っとしていたりする。


てん♂
てんちゃんは偵察担当です


かと思えば1日中巣箱に引きこもってたりもする。
美味しいものの気配がすると、まず顔を出すのはてんちゃんです。


てっしゅー
撤収だ~


そして美味しいものを大体食べ終わる&ほお袋に詰め終わると
たいてい2匹そろって巣箱かトイレに帰るのでした。
警戒心の度合いは日替わりなのかい?
どっちもそれはそれでかわいいのでOKです(*^^)v


お気に召して頂けたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ハムスターブログ チャイニーズハムスターへ 


Tag:チャイニーズハムスター

Fri2013.04.12

ふと気がつくと飲んでいる

てんちゃ♂


カショカショっと音がしていつの間にかごくごく飲んでいるので、
いつもカメラが間に合わない。
しかも衣装ケース越しだったり、なによりも飼い主にカメラの腕がないので散々な結果に。
上のてんちゃん♂はとりあえず、ぎりぎり間に合いました、
水飲み写真をキレイに撮れる人は一体どんな技を使っているのでしょうか。


うめ♀


こっちの写真のなんか生えてる物体は小梅さん♀です。
私が給水ボトルを設置する位置が下過ぎたのではなく、
小梅さんが床材をブルドーザーしてしまったのでこんな事に。

そういえばうちの給水ボトルは全てマジックテープでプラケの壁につけてあります。
お他所のブログで、マウスさんがテープ登り(?)して壁に張り付いてるのを見て、
「マウスさんはすごいな~」と感心していたのですが、
この前の朝、てんちゃんも水を交換している間に張り付いていましたΣ(・ω・ノ)ノ!
(当然カメラは間に合いませんでした)
テープが結構上ギリギリまで貼ってあるので、脱走しなくてよかったと思いつつも
もう一回見てみたい気もする複雑な飼い主心。
ハムスターも多少は飛ぶのね……。


お気に召して頂けたら、ポチッとお願いします。
 にほんブログ村 ハムスターブログ チャイニーズハムスターへ


Tag:チャイニーズハムスター

Sat2013.03.30

しっぽがなくなってしまいました

タイトル通り、実は現在の小梅さんはこんな状態です。
チャイニーズハムスターのトレードマークともいえるしっぽがありません。
ケガ自体はもう治っていて傷も完全に塞がっているのですが、
治るまでドキドキでブログで現在進行形にもできなかったチキンな飼い主です。


うめ♀3


ケージの中で起こる全てのことは何があっても飼い主の責任である。
と、肝に命じつつ、原因と経過を書いておきたいと思います。
もちろん夜中のことなのでケガした瞬間は見ていないのですが、
どうやら原因は、そのとき回し車の重しに使っていた涼感大理石に挟んだことのようです。
あの重たい大理石+回し車をどうやって動かしたんだ~、とか、
同じ状況でケガした子なんて今までいないのに~、とか、
大理石に(そんなに沢山ではないけど)ついた血を見て頭ぐるぐるしましたが、
とにかく発見した時点ではすでにしっぽの出血は止まっていたこと、
かかりつけの先生の予約がどうしても当日取れなかったこと、
本人(鼠)がその時はあまり気にしておらず、エサもよく食べ元気だったこと、から
先生とも相談のうえ、仕事が休める数日後の診療を予約。
ところが、その間に本人がやっぱり気になってしかたなかったのでしょう。
噛み切ったのか食べたのか、ある朝しっぽ消失してしまいました。
小梅さんには謝っても謝り切れません。


AP水他


一番左が、病院で購入した消毒用のAP水(¥750)
中身の成分はペット用消臭剤 除菌水プリジア 400mlとかと似たものだと思います。
あとで水にもどるタイプのやつ。
これを隣にある100均で買った押して出すタイプのボトルに少しずつ詰め替えて、
少しほぐしたコットンにひたしてピンセットで傷口にちょんちょん。
仕上げに止血剤(白い粉)を少々ふりかけてハイ出来上がり。
みたいな流れを2~3日おきに繰り返して、三週間弱位かな?
本人が気にして再出血!とかなくなりジクジク部分が消えたのは。


うめ♀4
こまつな、おいしい


ずっと小梅さんは元気ですが、しっぽがないからといってバランスを崩すような事もなく、
給水ボトルにアタックしたり相変わらずおてんばです。


うめ♀5
それなにー?


そして、触りまくったのに手やカメラを嫌うどころか興味津々。
よかったよかった。
今でも可愛くて大事だけど、もっと大事にするね。


お気に召して頂けたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ハムスターブログ チャイニーズハムスターへ


Tag:チャイニーズハムスター ケガや病気・病院

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。