FC2ブログ
Homeスポンサー広告コザクラインコ>レモンさんに痛く噛まれなくなるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tue2013.02.05

レモンさんに痛く噛まれなくなるまで

remoremo
なんでも噛むよ

噛まないインコはいないので、痛くなければいい。
そう思っていたけど、最初の数ヶ月はやはり痛かった(>_<)
特にレモンさんは、ショップでよほど嫌な事があったのか手が大嫌いだった。
まずうちに来たのが生後二ヶ月は経っていたし。
今でも基本的に“おさわり禁止インコ”です。
(触っても怒られない場所もある)
そんなレモンさん、とにかく要求が通らないと噛んでいた。
特にカゴに帰りたくない時など、文鳥さんの様にひねりを加えて噛んでくる。
結果的にレモンさんにそれなりに有効だった方法は3つ。

その1【息を吹きかける】
息を吹きかけるのが、鳥さん共通の怒りの表現らしい。
とりあえずその場は止めてくれる。
でも、もんっっのすごく臆病なレモンさんを苛めてるような気がして、
数回で人間が耐えきれず断念。

その2【噛まれたまま本人(鳥)に指などを押しつける】
これもレモンさんは手が嫌いなのでそれなりに有効。
しかもその1より再犯率が低い気もしました。
でも臆病なレモンさんを…(以下同文)

その3【10秒ほど姿を消す、無視】
これは上の2つよりも、更に再犯率が低くなりました。
結局、レモンさんにとって楽しい事がなくなっちゃうからかな?
しかし、完全に痛く噛まなくなったわけではない。
そんなレモンさんに最も有効だった方法は、コレです。

“痛がって泣く(真似をする)”

但し、恥ずかしがったりしてはダメで、間髪入れず本気で
「うわーん(ノ△T)!レモたんが噛んだ~、痛いよ~」
と、やらないと効果半減。ガ○スの仮面をかぶって頑張りました。
これを三回位繰り返してるうちに、加減するようになりましたよ。
それどころか泣いてるのをハミハミペロペロして慰めてくれたし。
ごめんよ、ウソつき飼い主でf^_^;
でもレモンさんは1羽飼いのうえ人間に対する依存心が強いので、
成り立った方法かもしれません。

ちなみに、ケージに帰りたくない時も噛まなくなった。
しかし、こちらは“その日まだ遊んでないオモチャで急に遊び出す”
という技で切り返されて、対抗策をずっと考え中。


お気に召して頂けたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ


スポンサーサイト

Tag:コザクラインコ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://dojyokko0518.blog.fc2.com/tb.php/12-7d649e97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。